TOP福陽ガスについて

サイトマップ

くらしに「安心」というエネルギーをお届します。

 くらしや産業に必要なエネルギーを、環境に配慮しながら円滑に供給すること、それが福陽ガスの使命です。

 そして、地域社会の今と未来をしっかりとみつめ、皆さまのくらしに「安心」というエネルギーもお届けしていきたい―。

 そうした願いから、福陽ガスでは、ガス・石油・住宅リフォーム・介護福祉から太陽光発電システムまで、さまざまな事業に取り組んでいます。

くらし、みつめる6つの事業+2つの取り組み

6つの事業

 1、LPガス

 県南一円をカバーする安全・迅速な供給体制を確立。
 設計施工や配管工事にも実績のある当社の主要部門です。

 2、石油製品

 灯油や重油の配送・供給も万全の体制を整えています。
 また暖房機などの石油機器も多数取り揃えています。

 3、設備工事

 キッチンや浴室などのガス設備工事や、給水工事・下水道工事の指定業者として、給排水の設備工事等を幅広く行っています。

 4、リフォーム・太陽光発電システム

 住まいの修理・改装、各種住宅設備工事、介護に必要な設備の取付など幅広く対応しています。
 また、住宅用太陽光発電システムの設備工事も行っています。

 5、ガソリンスタンド・自動車用品

 地域の皆さまのカーライフをサポートする、きめ細やかなサービスと種類豊富なカー用品を提供しています。

 6、介護用品

 介護用品のレンタル・販売および高齢者に配慮した住まいのリフォームを行う、福島県公的介護保険指定事業所です。

2つの取り組み

 環境マネジメントシステム

 ISO14001を取得し、環境には配慮した事業活動に全社をあげて取り組んでいます。

 アフターメンテナンス

 24時間365日の安全管理体制で、万が一のトラブルの際にも迅速に対応いたします。

沿 革

1962年 (昭和37年) LPガスの販売を目的に個人商店を創立。
1967年 (昭和42年) ガソリンスタンド開設と同時に石油製品全般・住宅設備部門を併設。
1973年 (昭和48年) 法人組織として株式会社吉田商店に改組。
1977年 (昭和52年) LPガスの販売及び業務拡大のため、矢吹町にLPガス充填工場を新設。
1978年 (昭和53年) 須賀川卸団地に営業所を開設。自動車・農耕用タイヤの卸売及び住宅設備部門の充実を図る。
1979年 (昭和54年) 電算機を導入し、LPガスの配送・管理及び社内の合理化システムを図る。
1980年 (昭和55年) 工業用・業務用の灯油、A重油の販売強化のためオイルターミナルを設置。
1990年 (平成2年) 4月1日 株式会社吉田商店・福陽液化ガス株式会社・有限会社日通プロパン白河の3社合併により、新たに福陽ガス株式会社へ社名変更。
1995年 (平成7年) 10月 新社屋及び桜岡サービスステーション完成。
2000年 (平成12年) 4月 介護用品のレンタル及び販売開始。
2007年 (平成19年) 11月 環境マネジメントシステム国際規格 ISO14001認定取得。
2008年 (平成20年) 10月 東北で初となる高圧ガス保安経済産業大臣表彰受賞。
2010年 (平成22年) 12月 本社に太陽光発電システムを設置。
2012年 (平成24年) 3月 矢吹充填所へ太陽光発電システムを設置。

 LPガスの販売からスタートした当社は、時代と共に事業分野を広げ、現在では住宅設備、リフォーム、太陽光発電システム、カーライフ、介護など実に多彩なサービスを提供しています。その内容は一つ一つ違っていても、“より快適なくらしのお役に立ちたい”という思いは全てのサービスに共通して言えること。

 地域の皆さまのさまざまな生活シーンで、いつも身近な存在でありたいと願う福陽ガスです。

 地域の皆さまの毎日にいつも身近な福陽ガスです。